韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンジェリーナジョリーのアンブロークンの裏側

やはりMIYABIってのをタラコ馬鹿女に会わせたのは、創価学会だな
この日本人差別映画は、支那の反日プロパガンダマネー、創価学会(韓国)、反日ユダヤがタッグを組んだ作品ってことだ

ハリウッドってのは定期的に反日映画を作るね、これから控えているのは南京虐殺の捏造反日映画

「日本=悪、中国=被害者であり尊ぶべき存在、米国=正義の味方」

このプロパガンダを戦中から現在までずっと続けているアホどもだ


まあこういうのがあると誰が敵なのか分かりやすくていい

反日プロパガンダ本を書店でヒット(笑)させて、それを元にした反日映画を作らせてる奴らのシッポが見えるからな

両脚羊

市場に吊るされて削ぎ落とされる人間の肉の値段は他の肉より安かった、味は羊のようなので中国語で両脚羊と書く、
支那大陸は人が増えると自然が破壊され、結果大規模の飢饉が起こり人肉食いが盛んになり、また人口が減ることを繰り返してきた
支那大陸の戦争は兵糧攻めが基本ゆえ食料が無くなると人間を喰い、街の城壁が崩された時には人口がぐっと減っているのがセオリー、
中華思想で中国人以外の人間を人としてカウントしない、つまり動物だから喰って良い、海から人を攫って食料にする事があった(南方系アジア人)
病身の親に子供が自分の肉を喰わせる事が尊いとされ英国人が禁止しても続ける人が後を絶たなかった、
客人を妻の肉でもてなす、究極の美食は人肉とされていた、
赤ん坊の肉は滋養強壮に利くと今でも信じられている


日本は基本的に肉を喰う文化は無かった、家畜も大切な家族だった
自然と農作物に恵まれ、犬や猫を愛玩する余裕があり、畜生の命を頂く時はきちんと塚を作って感謝した
中国大陸(朝鮮半島も大陸の一部)と日本は、育んで来た文化と心がまったく違います
DNAもまったく違うんだから、大陸と日本を同列に扱うのは無理がある

人肉の習慣があったのは、支那
ウンコを喰ってたのは、朝鮮

(転載おわりです)

[News,us」様サイトのコメントより転載させて頂きました。

日本人は、人肉を食べる習慣がなんぞない!

悔しくて涙がでてきます。

抗議の意味を伝える行動をおこしまょう!

ハリウッド映画のボイコットをです!

謝罪するまで、続けましょう!


スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。