韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウクライナ政府の犯罪が有権者に公開される

こちらから転載させて頂きました。「つむじ風」様
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/58b265aff7fe90aa35d28539f1515dd3


キエフでハッカーが戦争犯罪ビデオを流す・・・!
もはや、情報戦の様相である。
ウクライナ東部・南部の戦線は、
見るも無残である!
明らかに市民虐殺だろう・・・



そのビデオをキエフの街角の大型ビデオスクリーンをハックして、流した模様である。

これからは、こうした情報戦が主体になろう。

ISISも情報戦を挑んでいるようであるが、あれは偽物である。

情報そのものが偽物であれば、すぐバレる。





これからは事の真贋を見抜く目が大事となるだろう。

ウソは、どんなに繕っても、いずれはバレるものである。

エボラも、銃乱射事件もお粗末君では、

戦いに入る前に負けている。




世間の目は、粗い様で各種の目が光っている。

それらを、見事くぐり抜けたものが、本物であるが、

幾万、幾億、幾兆の魂の真贋を勝ち得るものしか残らないだろう。





そういうものであるから、

いずれは判別がつくものである!






【転載開始】11:17
キエフでウクライナ政府の犯罪が有権者に公開される(ビデオ)

ハッカー組織CyberBerkutは、ウクライナの首都キエフの看板をハッキングし、ウクライナ南部・東部におけるウクライナ軍の犯罪に関する動画を公開した。

数千人のキエフ市民が、この動画を目にした。市民は、キエフ政権のプロパガンダが嘘であり、ウクライナ軍は、同国南部・東部で分離主義者のテロリストやロシア軍と戦っているのではなく、一般市民を殺害していることを知った。

看板では、ウクライナ軍の犠牲となった人々の残酷な動画が、「軍事犯罪者」と書かれたキエフの政治家の写真と一緒に次々と公開された。動画は、ウクライナの有権者たちに、「皆さんは戦犯者に投票する用意がありますか?」と問いかけて終わった。

CyberBerkutは25日、ウクライナ中央選挙管理委員会のホームページと、票の電子集計システムの機能障害を起こしたと発表した。

CyberBerkutはサイトで、今回の最高会議選挙を「いつもの政治的茶番」であると指摘した。

CyberBerkutは、ウクライナ政府のウェブサイトを何度も攻撃しているほか、ウクライナ最高会議の電話もブロックしている。

「Berkut」は、キエフのマイダン広場でウクライナの民族主義者たちと対立した特殊警察の名前。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_26/279211691/

(転載終わりです)

イルミの方々、もうやめて下さいよ。もう世界中で正体がばれているじゃないですか。日本は311に福島だけで満足してもらえませんか。たくさんの方が亡くなり、今だに苦しんでいる人はたくさんいます。
まだ日本に犠牲を要求ですか。TPPだけは絶対嫌ですよ。あれは、大2次世界大戦前の「ハルノート」と一緒じゃないですか。

イルミの虐殺を止めるには、情報を拡散するのが一番効果的なのだそうなので、皆さまもよろしければどんどん情報を拡散しましょう。

テレビや新聞のニュースは嘘ばかりですね。

スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。