韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮人が日本の学校で嘘を教える!!

こちらから転載させて頂きました。「保守速報」様

仙台市の市立中学校で7月、社会科の50代の男性教諭が、日中戦争時に旧日本軍の
南京占領下で起きたとされながら存否でも議論がある「南京事件」について、
「1000人の婦人が強姦された」とする真偽不明で残虐性を強調する資料などを使って
授業を行い、一部の保護者から抗議を受けていたことが18日、分かった。

学校側は「不適切な言動があった」などとして保護者に謝罪した。市教育委員会も報告を
受けており、授業内容について校長会で注意を呼びかけるという。

同校や市教委によると、男性教諭は指導歴約30年のベテランで、3年生(4クラス)の
社会の授業で南京事件を紹介。「日本兵は強姦をした」などと説明し、「死体か死んだふりかは、
脇腹を蹴って判別した」などと言って教室内のごみ箱を蹴ってみせたという。

授業では資料も配られ、「南京は日本軍に占領され、恐しい事件の幕が上がった…」と記述。

米国での報道や日記などを引用し、「200人の男性が処刑されるのを目撃した」
「昨夜から今日にかけて1000人の婦人が強姦されました。
ある気の毒な婦人は37回も強姦されたのです」などと書かれていた。

南京事件は中学の歴史教科書の全てに記述されているが、この教諭が紹介した強姦や
生死判別行為を記述している教科書はない。

校長によると、男性教諭は授業内容について「戦争の悲惨さを伝えるためだった」と説明し、
「不快に思った生徒がいたことは申し訳ない」と反省しているという。

校長は「PTAの会合で、不適切な言動と、普段から授業が遅れていたことについて謝罪した」と説明。
「不適切な指導があったことについては申し訳ない」と話した。

市教委は「生徒の発達段階を考えると、教諭の言動は不適切。
多面的に考察するという文部科学省の学習指導要領に照らしても、
資料は中立性と公正さに欠け、別の見解も示すべきだった」としている。

問題発覚後、同校は再発防止のため、男性教諭に指導する職員を付け、
授業計画を確認するなどの対策を実施しているという。

南京事件 1937年12月13日、当時の中華民国の首都・南京陥落後、
旧日本軍の占領下にあった最初の6週間に起きたとされる事件。
犠牲者数については中国側は「30万人」と主張。

日本国内では、近年の研究で誇大との見方が定着している「大虐殺派」
(十数万~20万人)、「中間派」(2万~4万人)、「事件否定派」の3説がある。
日本政府の公式見解は「非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない」。


(転載終わりです)

帰化人か、在日の朝鮮人か中国系が、日本の教育現場に潜り込み、嘘を撒き散らして、子供を洗脳しています!!たとえ生粋の日本人であっても、朝鮮人達が必ず関わっています。

この教師は、これで身元バレ!!

懲戒免職!

このような悪質な朝鮮人か中国系を懲戒免職にするべきです!!

日本人よ、もっと怒りましょう!!!

70年前の日本軍の南京虐殺の嘘を教えるより、韓国軍のベトナム戦争民間人大虐殺や、今現在の中国軍の、チベット、ウィグルの大虐殺の真実を教えろ!

平然とこのように、神聖な学校で、朝鮮人達が日本人の子供を洗脳しています!!

家庭で教えましょう。
「こういう事を教える先生は、朝鮮人だから「朝鮮人が嘘をまた言い出した。」と、聞き流しておきなさい。朝鮮人は日本名を使うから分かりにくいんだよ。韓国の悪口をおおっぴらに言ってはいけないよ、家まで来て放火されるかもしれない。私達の世代が、嘘の教科書を、真実の歴史の教科書に変えるように努力するけど、できなかったらお前たちの代が教科書を真実の歴史の教科書に変えるようにするんだよ。」と。

日本国で、嘘を叫ぶ朝鮮人達をを許してはいけません!!

世論を高めましょう!!一人で行動は危険なので、日本人が一致団結して、朝鮮民族や中国スパイの悪質な行動と戦いましょう!

教育の現場から嘘つきの朝鮮人達を追い出しましょう!!

ここは、日本だ!!こういう事をするから日本在住の外国人の中で朝鮮人だけ忌み嫌われるんだろうが!日本に帰化しても朝鮮人は朝鮮人と言われる理由はこういう事をするからだ!分からんのか!

これ以上、日本国で帰化人や在日の朝鮮人の悪さを許さんぞ❗

祖国の朝鮮半島で、好きなだけ日本を罵ればいいだろう!!だから、祖国の朝鮮半島に帰れ!!

日本で嘘は許さん!!!!
スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。