韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

不法入国してきた朝鮮人が強制連行と嘘を言う理由!

先日、FacebookではHさんからのシェアでご紹介したのですが、あらためてyahoo知恵袋から「国民保導連盟事件」をご紹介します。
たいへんよくまとまっています。
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251448547

要するにいま日本にいる在日韓国人というのは、朝鮮戦争のときに李承晩による韓国民の大虐殺事件の結果、済州島を中心に日本に難民となって逃げてきた朝鮮人の末裔です。
要するに、不法入国してきた者達です。

当時、日本政府はこの密入国してきた韓国人をもてあましました。ですから日本は、韓国に対し「まとめて逮捕して韓国政府に引き渡したい」と申し入れました。ところが韓国政府は、拒絶します。つまり、この時点で、在日韓国人は、韓国から棄てられたのです。

日本政府はやむを得ず、虐殺からの逃れてきた朝鮮人達に「25年」の滞在許可を与えました。ところが25年後に日本から韓国に引き渡されれば、そのときに自分たちは韓国政府に殺されるかもしれないと考えた在日韓国棄民は、知恵を絞りました。
 そしてサンフランシスコ講和条約に「戦前から滞在している朝鮮人、台湾人には無条件で日本での永住権を与える」と定められていることを悪用して、「我々は戦前強制連行されてきた朝鮮人である」と名のり出したのです。要するに、最初から彼らは嘘ばかりなのです。


スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。