韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イスラエルがガザで行っている虐殺

こちらから転載させて頂きました。「日本や世界や宇宙の動向」様
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933837.html


イスラエルのネタニヤフ政権は、ガザで大量のパレスチナ人を殺害し続けています。イスラエル政府は、パレスチナ人を人間の姿をした動物だと叫んでいます。
イスラエルのシオニストはねつ造が得意のようです。自分達が犯人なのに、パレスチナ人を犯人にしています。
シオニストは証拠もないのに、自分達の敵を犯人に仕立て上げるのが好きなのです。いかなる状況でも、自分達の主張が常に正しいことを世界に示します。シオニスト(サイコパス)のメンタリティは中国や韓国の反日勢力のメンタリティと良く似ています。シオニストと中国と韓国は同じ仲間なのでしょうね。
イスラエルではユダヤ人のファシスト(人種差別の過激派)が反パレスチナの暴動を起こしたようです。
米政府は、パレスチナ人が犠牲になってもパレスチナ人は生きる価値がないと考えているそうです。しかしイスラエル人が犠牲になるとパレスチナ人を徹底的に非難しています。米政府は、イスラエル人は生きる価値があると考えているそうです。
問題は主要メディアを支配しているのはシオニストであるため、主要メディアが流す報道は常にシオニスト側の都合の良い内容ばかりです。彼らの報道を鵜呑みにする視聴者は最後まで真実を知らずに人生を終える可能性がありますね。ウクライナの航空機撃墜事件も同じです。シオニストが関わっているからこそ、犯人が親露派であると報道しているのです。
一昨日と昨日ご紹介したベテランズ・トゥデーの記事を読んでくださった方々は、シオニストがなぜこのような事をしているのかがお分かり頂けると思います。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/the-gaza-genocide-what-youre-not-being-told-2996800.html
(概要)
7月21日付け:
イスラエルがガザで行っているパレスチナ人の大量虐殺は世界を震撼させています。しかし世界中のファシスト政府はイスラエルを支持しています。イスラエルのやり方に怒りを感じない人は生きた人間ではありません。



(概要)
7月9日に、イスラエル政府はガザに400トンの爆弾を投下したと発表しました。その結果、130人のパレスチナ人が殺害されました。そのうちの半数が女性や子供たちです。
さらに、3人のイスラエル人の少年が殺害された事件に関しても、イスラエル政府はハマス或いはパレスチナ人が犯人であると主張しています。しかし、イスラエルはそれを証明する証拠を一切出していないのです。
我々が入手した証拠は、イスラエル政府が彼らを殺害したことを示しています。
7月1日の報道によると、3人のイスラエル人の少年を拉致、監禁、殺害した犯人はヘブライ語を話していたのが分かります。彼らの会話が録音されていました。
しかしそのような証拠は公開してはいけないと命令したのはイスラエル政府だったのです。
イスラエル政府は証拠を隠蔽しようとしたのです。
なぜイスラエルはガザを攻撃しているのでしょうか。自衛のために行っているのではありません。3人の少年が殺害された事件を受けて攻撃を開始したのでもありません。何しろ、この事件に関してはイスラエルが犯人ですから。。。
イスラエルがガザを攻撃している本当の理由は。。。ガザの天然ガスを完全に奪いたいのです。
ガザには中東最大のガス田があります。BPは、イスラエルと共同開発を行なうことになっています。このガス田はパレスチナ人のものです。従ってパレスチナ人がその恩恵を受けるべきなのです。しかしイスラエルはパレスチナ人がガス田を所有することに反対しています。アラファト議長の死後、イスラエルがガザのガス田を管理してきました。
パレスチナ政府とハマス政府が分離しているために、パレスチナ人はイスラエルのやり方に反発することができません。イスラエルはパレスチナとハマスを分離させたままにしたいのです。
パレスチナとハマスが統一すれば、イスラエルはガザのガス田を奪うことができなくなります。
これまでイスラエルが殺害したパレスチナ人の数とパレスチナ人が殺害したイスラエル人の数を比較してください。比較にならないほど、イスラエルは大量のパレスチナ人を殺害しているのです。
何の罪もない一般の人々(子供達や女性達も)がイスラエルによって殺害されているのです。
イスラエル軍によって殺害された自分の幼児を抱いて泣き叫んでいるパレスチナ人の父親の写真を見るのは非常につらいです。
ガザを攻撃し大量のパレスチナ人を殺害しているイスラエルのやり方を自分の目で確かめれば、イスラエルを支持する人はいなくなります。非常に密集した住宅地に爆弾を投下するのは戦争犯罪です。そして米政府はこのような戦争犯罪を行っているイスラエルに毎年40億ドルの資金を提供しています。
主要メディアは、常にハマスやパレスチナ人がイスラエルに向けてロケット(ミサイル)を発射したことについて報道しています。しかし彼らが発射したロケットで殺害されたイスラエル人は1人もいません。
米政府は公式にハマスやパレスチナ人がロケット弾でイスラエルを攻撃したことを厳しく非難しています(米政府は、パレスチナ人が意図的にイスラエルの市民を標的にしてロケット弾を撃ち込んだと非難している)。
イスラエルとガザで起きていることをテキサス州(ガザ)とメキシコ(イスラエル)に置き換えて考えれば状況が良く分かります。
イスラエルは徐々にパレスチナの国土を侵略してきました。(5:40辺り~)この地図を見れば、イスラエルがパレスチナの国土を奪い続けているのが分かります。
ではイスラエル人はパレスチナの国土を奪還する権利が本当にあるのでしょうか。パレスチナ人の権利は一切ないのでしょうか。
パレスチナがイスラエルと和平交渉を行うことに合意すると、交渉の中で、必ずイスラエルの要求(パレスチナの国土をイスラエルに手渡すこと)に従うことになってしまいます。パレスチナの国土がイスラエルに奪われるということは、一般のパレスチナ人の農場や家や会社が奪われるということです。
シオニズム(シオニストの思想)は人種差別とファシズムに基づいています。シオニストはユダヤ教徒でなくてもよいのです。
では、パレスチナ人を救うにはどうしたらよいのでしょうか。
イスラエルとパレスチナの問題を積極的に議論することです。今でもガザでは多くの子供たちがイスラエルによって殺害されているのです。
残念ながら、アメリカのキリスト教団体はイスラエルのガザ攻撃を支持しています。イスラエルの人々はガザで何が起きているのかを真剣に調査すべきです。
ガザで大量の子供たちを殺害し、家族を深い悲しみの溝に突き落とすことが、イスラエル人の望むことなのでしょうか。
(映像では)イスラエル人の女性は、「イスラエル軍がガザを攻撃するのは仕方のないこと。イスラエルを攻撃しているパレスチナ人に対抗するには、こうするよりほかはない。それしか解決策はない。パレスチナ人はみな、ガザ地区から出て行くべきだ。」と言いきっています。


スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。