韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

STAP細胞は存在する!証拠はある!

 こちらから引用させて頂きました。「遠隔治療と宇宙のネットワーク」様
http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-11822356148.html




STAP細胞は存在するなぜなら理研は昨年10月に国際特許出願済だから。

 
o0706048212908318643.jpg


皆さんこんにちは。STAP細胞は、「俺があると言っているのだからあるんだ! 文句あるか」という強引な結論ではなくて(笑) 公開オペレーションを実施する前に、いろいろ調べてみたのであります。

<結論1>
STAP細胞は存在する。なぜなら理研は昨年10月にSTAPで国際特許出願している(画像)。何の検証もせず、存在しないものを国際特許出願するわけがない。小保方さんはもちろん、笹井・若山・バーカンティ氏などがずらりと発明者に名を連ねている(下記特許出願文書PDF)。ただしこの出願に関する国際調査報告では、下記東北大学の「ミューズ細胞」の出願と比較し新規性はないというようなコメントが出されている>STAPは応用特許の範疇に入る? であるからして、理研がいまさら小保方氏に「追加資料を提出せよ」などと言っていること自体がおかしいのだ。この特許出願の事実についてテレビ新聞一切触れていない。よって、小保方さんをスケープゴートにしようという企みがあることは明白。
http://kanda-ip.jp/wp-content/uploads/2014/01/id00000022883817.pdf
http://kanda-ip.jp/2014/01/31/6043

<結論2>
STAPに先立つ2年前の2011年5月24日に、東北大学教授の出澤真理教授が、ヒトの皮膚細胞中にごくわずかに含まれる細胞が、iPS細胞などと同様の万能性をを持つことを発見し、これを「ミューズ細胞」と名付けた。このミューズ細胞の作製方法で、元となる細胞を特定の懸濁液によりストレスを与えるという部分が、STAPとよく似ているものと思われる(下記特許出願文書PDF)。
http://kanda-ip.jp/wp-content/uploads/2014/02/US_2011_0070647_A1.pdf

<余談>
小保方論文への厳正な対処を求めた日本分子生物学会理事長の大隅典子氏は、東北大学大学院医学系研究科教授であり、出澤教授と同じホームグラウンドである。大隅氏は近年、研究不正に対する問題に精力的に取り組んでいた。

<なので>
チームロケットの公開オペレーションとしては、小保方さん(千葉県松戸市出身)、出澤教授(千葉大医学部出身)という、千葉つながりのお二人が、いずれも画期的な発見をしていることに注目し、千葉=thousands of tissue(無数の体細胞組織)の意味につながることから、千葉県ゆるキャラのチーバくんに登場してもらって、人体内に存在する不可視の万能細胞を太陽細胞と名付けた、という流れで、「太陽細胞オペレーション」として、明るく元気にまとめようと思います!\(^o^)/

(引用終わりです)



朝鮮民族の支配する日本のマスコミから叩かれている小保方さんを、日本国民で守ってあげましょう!!
今回の騒動は大きな利権の動きがあるそうです。


本当に汚らしい世界ですね。小保方さんの記者会見を見て、この人は本当のこと言ってるなと思いました。

頑張って日本の為にと言うと、いけないんでしょうけど、これからも研究を続けてください。応援してます!!

スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。