韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デモの皆様、気をつけてください

こちらから引用させて頂きました。「日本や世界や宇宙の動向」様
「http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51919789.html」



アゼルバイジャン共和国でも暴動が激化しているようです。アゼルバイジャンもまた、ウクライナと同じように、ソ連の一部でした。アゼルバイジャンの人々が腐敗した政府にいら立って暴動を起こしているとのことですが。。。果たしてそうでしょうか?どこの国の政府も腐敗はあります。ここでもアメリカとEUのシオニストが仕掛けているのではないでしょうか。ロシア周辺の親露国の政府を倒し、欧米のポチ政権を誕生させたいのでしょう。ロシアがつぶれれば、欧米のシオニストはやりたい放題ですから。

今後、アメリカでも暴動が起きるのではないかと言われています。ブーメラン現象で欧米諸国にも暴動が広がる可能性もあります。

日本にも、反日の在日、極左、カルト関係者による暴動が仕掛けられる可能性があります。都内では反韓、反在日デモをされている団体もいますが、言葉使いや態度にはくれぐれも注意していただきたいと思います。。。。日本人が彼らに対してほんのちょっとでも攻撃的で下品な言葉を発すれば、彼らは、日本人はレイシストであり、ヘイトスピーチしかできない陰湿な人種差別民族だと世界中に訴えますから危険です。反日活動家らが韓国でやっている下品な行為は棚に上げています。

彼らの抗日戦略に乗せられるような行動だけはとらないで頂きたいと思います。
ひょっとしたら、似非右翼(本当は反日勢力)が、在日へのヘイトスピーチを意図的に行って、日本人を悪者にしようとしているのかもしれません。何しろ、彼らと関わり合いになると必ずトラブルになりますから。

日本だけは暴動が起きないよう、街頭で反日勢力を相手にするのは止めましょう。


地図の説明

http://armstrongeconomics.com/2014/02/27/rising-protests-now-in-azerbaijan-against-corruption/
2月27日付け:

アゼルバイジャンでも腐敗政府に対する抗議デモが激化しています。世界中で暴動が起きています。このような現象は、嘗ての、マルクス主義に洗脳された無政府主義者らによる暴動を彷彿させます。当時、ヨーロッパでは多くの人々が暗殺され、1901年にはアメリカのマッキンリー大統領も暗殺されています。
当時、世界が不安定化した中で暴力が横行し、多くの人々が暗殺されましたが、その結果、第一次世界大戦が勃発しました。

(引用終わりです)

デモをされている皆様には、いつも感謝しているのですが、あんまり汚い言葉はやばいですよ~。
それを録画されて、世界に「日本が右翼化している!危険だ!」と韓国、中国、イルミに世界の世論が動くように攻撃の材料とされますから~。
そこは、我慢!我慢ですよ!!!

街頭の反日勢力は、警察に通報とか、録画して動画UPして「戦後在日朝鮮人達が朝鮮進駐軍で日本人を大虐殺したくせに、被害者ぶって!」とネットで拡散して日本人の世論を動かすとかで応戦したほうが良いのかもしれませんね~。

真の歴史を叫ばれながら、デモしたら良いのかも。

「在日朝鮮韓国人の戦後の朝鮮進駐軍での1万人近い日本人の強姦虐殺を謝罪しろ~!」とか、「戦後の引き揚げ時の朝鮮人が日本人にした数万人以上の強姦虐殺を謝罪しろ~!」とか、「ベトナム戦争での韓国軍の20万人近いベトナム人を強姦虐殺を謝罪賠償してから日本に文句いえ~!」
とか、「今まで韓国に渡してきた70兆円返せ~!」とか、相手が黙るしかできないような内容を叫ぶとか。

「殺す」とか「ゴキブリ」とかマスコミが報道してるような事、言われてないかもしれませんけど、
相手の思うつぼなので、充分気をつけられてくださいね!!

すみません、私は地方でデモに参加出来なくて・・こんな口ばかりで・・・。

でも、デモに参加して下さっている方にはいつも感謝しています!!!!

在得会のリーダーさんなんて、本当に命懸けで日本の未来の為に活動して下さって・・・・・在日達の汚らしい脅しや暴力にも屈せず、
本当に感謝してもしきれません!!!!
いつも心で「ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます」と唱えています。




スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。