韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝日新聞が韓国の希望を日本人の希望のように捏造報道!!!

こちらから引用させて頂きました。「特定しますた」様
http://www.tokuteishimasuta.com/archives/3044321.html


日本と近隣諸国との間で、不信の連鎖が止まらない。
 国際会議で、日本と中国の閣僚らが安倍首相の歴史認識をめぐって批判しあう。こんな姿を見せられた世界は、はらはらしている。
 安倍首相は「対話のドアは常にオープンだ」と繰り返すが、もはやそれだけではすむまい。トゲを1本ずつ抜いていく具体的な行動を起こすときだ。
 その第一歩として、首相に提案したい。
 靖国参拝はやめ、戦争で亡くなった軍人も民間人も等しく悼むための無宗教の施設を新設すると宣言してはどうか。

 (略)

 「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手を合わせられない遺族。ほかの宗教を信じる遺族。
 その存在を知りながら、「英霊に尊崇の念を表すのは当然」と一色に塗りつぶす首相の姿勢は乱暴すぎないか。
 新たな施設に参拝するよう、遺族に強いるわけではない。いろいろな思いをもつ遺族や、外国の要人らに訪れてもらうための場だ。
 そもそも、政治家はなぜ靖国に参拝するのか。首相に近い議員がブログに記している。
 「靖国参拝の習慣はなかったが、政治家になって、遺族会にお世話になり、傷痍(しょうい)軍人会や軍人恩給連盟と交流するようになり、国民の代表として英霊にお参りする大切さを理解した」

 動機はそれぞれだろうが、政治的要請という側面が大きいのではないか。それで近隣諸国との紛争の危険を高めているとしたら、代償は大きすぎる。
 首相は新施設には「様々な意見があり、慎重に見極めたい」と語る。ならば「わだかまりなく追悼できる施設を」という声も真剣に検討してほしい。
 首相の参拝を支持する人たち、とりわけ若い世代にも耳を傾けてもらいたい。
 戦争の犠牲者を悼む気持ちは貴い。だが、靖国神社は単なる慰霊の場とはいえない。軍国主義と結びついた過去を引きずる宗教施設だ。
 首相ら政治指導者が参拝すれば、傷つく人が日本にもたくさんいる。米国のアーリントン国立墓地とは、決定的に違う。
 「歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」。報復によっていちばん被害を受けるのは、未来ある若者たちだ。そのことを忘れないでほしい。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=com_gnavi
【社説】 朝日「ネトウヨども聞け。靖国は慰霊の場ではない。歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」
引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1391385068



(引用終わり)

日本人の皆様~!朝鮮のまわし者、「朝日新聞」が、一生懸命、韓国の主張をまるで日本人がそう希望しているかのように偏向報道していますよ~!!!

いつになったら、朝日新聞は、祖国の韓国に帰ってくれるんだ!!!
朝日新聞のキムチ臭で息が出来なくなる!迷惑なんだよ!

海外にいる日本人の皆様、出来るなら、日本の現状を世界に広めてください。

日本が、どうして、アメリカの韓国が建てた従軍慰安婦の像の撤去を外務省が大きく動かないか、日本の外務省や、政治家には、中国朝鮮帰化人達が大量に入り込んでおり、邪魔をしていること。マスコミも実質朝鮮人が実権を握って、真実を報道出来ない事。捏造報道ばかりしていること。
最近、ようやく日本人がそれに気がついて、閣僚、政治家、マスコミから、朝鮮中国帰化人、在日を排除しようと動き出したこと。
今回の従軍慰安婦、南京大虐殺問題は、中国韓国のスパイ新聞、朝日新聞が、捏造報道したのがきっかけだったこと。
(東南アジア、台湾もそうです。中国帰化人達が政治、マスコミに大量に入り、実質支配しています。それで、当時の現地の人は第二次大戦の時、日本軍は、軍隊とは戦ったが、無抵抗の現地民の大量虐殺はなかったと言っているのに関わらず、各国の政治家やマスコミを支配している中国帰化人達が、日本軍が現地民を大量虐殺したと情報操作、世界にそう発信しているのです。日本が変われば、台湾、東南アジアも変われます!!もう、平成の大和魂で気力を尽くして日本を、世界を変えていきましょう!)
お願いします!!

どんどん口コミで、世界に広めてください!!

日本の最大の敵は国内にいる!!!!




スポンサーサイト

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。