韓国・中国の捏造の証拠をあなたに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカの危険な近未来

こちらから転載させて頂きました。「日本や世界や宇宙の動向」様


なんだかすごい情報が投稿されていました。アメリカの近未来がまるでSF映画そのものです。これこそアメリカ版NWOだと思います。ただし、本当にこのようなことが起こるかどうかはその時になって見ないと分かりません。私は、あのような汚い連中の計画は途中で頓挫すると思っています。多くの人々がイルミナティのアジェンダを知ることで反動が起こるのではないかと思っています。アメリカにはおバカな人がたくさんいますが、それでもこのような情報を入手することで支配者側に反撃する事が出来るのではないかと思います。
アメリカが崩壊するのではなく、アメリカを支配している汚い爺たちを消滅させなければなりません。それはアメリカのシオニスト集団、バチカン、英王室、ロンドン金融街などです。
アメリカが崩壊すると日本にも必ず大きな影響が出ます。ただ、イルミナティにはうんざりしている人が増えれば増えるほど、彼らの思う通りには行かなくなると思います。そうすれば馬鹿くさいNWOなんて実現しないでしょう。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/09/urgent-all-americans-need-to-listen-up-2-3034868.html?currentSplittedPage=0
(概要)
9月25日付け:
これは2014年7月27日にゲリラ・レポートが米国民に発信した緊急報告ですが、再び9月25日にビフォーイッツニュースに投稿されました。

<長い記事ですので。。かいつまんでお伝えします。この情報を発信した人物はゲリラ・レポートの担当者(A氏)であり、情報元はエリート中のエリートの米空軍大将=4Star General (B氏)です。A氏がB氏から重要な情報を入手したのが2014年7月16日です。>

B氏によると:

B氏は非対称戦争(従来の方法でない戦い方。ただし発砲は従来通りに行う。)の責任者でした。
彼はマーチン・デンプシー氏が退任した後に次期統合参謀本部議長になる予定でした。同時に米空軍のトップになる予定でした。しかもその契約は無期限ですので生涯その地位を維持することになっていました。しかし彼はその地位を獲得することはありません。なぜなら、それには以下の条件に合意しなければならなかったからです。
その条件とは。。。。司令官として米軍兵士に米国民を殺害するようにを命令する、というものでした。
もちろん、B氏はそのようなことができるはずもありません。条件を聴かされた彼は会議室に座っている連中に激怒しました。すると、2人の武装衛兵に捕まえられ会議室の外に連れて行かれました。
その直後に、彼の身の回りで異常な出来事が起き始めたのです。彼のクレジットカードが使えなくなったり。。。彼らがB氏に何をしようとしているのかを察したB氏は早速自宅を売りにだしました。B氏は妻とともにこれまで住んでいた街から逃げだすことにしました。
彼らは必要な物だけを持ち出して自宅を去りました。そしてアメリカを去ろうとしています。

B氏は、A氏にB氏がこれまでに知り得た非常に重要な秘密情報を伝えました。
それは。。。

1)2015年末までに米ドルは崩壊します。ウクライナや世界中の情勢を見ても、世界は米ドルの使用を止めようとしています。もはや米ドルを所持する意味がなくなっています。ロシアの全国民がウクライナに敵対的になり何等かの反撃を行います。もうじき1000億ドルの資金を供給するBRICS銀行が創設されることになります。

2)2017年までにアメリカ合衆国は消滅します。米ドル崩壊により米経済が崩壊し、アメリカ自体が消滅します。アメリカの国境を開放し、不法移民を大量に受け入れているのは、アメリカ、カナダ、メキシコを統合するためです。つまり北米連合ができるということです。ワシントンDCは政府として機能しなくなります。アメリカの深刻な財政赤字によりデフォルトを避けることはできないでしょう。アメリカがデフォルトをすると経済的に大激変が起こります。既にメディアはこの時の準備ができています。記事の下書きは既に完成しています。

3)ブラック・オペレーションの活動資金(80億ドル)を使ってシルクロードを再建します。ニューワールド・リオーダードの記事では、韓国の大統領がウズベキスタンを訪問中にシルクロードの重要性を指摘しシルクロードはロンドンから韓国の釜山まで繋がる壮大なルートになると伝えていましたが。。。釜山までパイプラインが繋がるということになります。
再建されるシルクロードの基礎部は非常に硬いコンクリートで造られ、その上に分厚いアスファルトが敷かれますから何年経っても絶対に破損しません。
しかし再建されたシルクロードは軍事用と商業用にのみ使われます。個人がシルクロードを通ることはできません。このシルクロードを利用すると釜山からロンドンは、わずか14日間で繋がります。

4)アメリカの産業の空洞化プロジェクトはニクソン政権時代に始まり、クリントン政権時代に加速しました。そしてアメリカの企業秘密の多くが中国に流れました。そのためアメリカでは産業の空洞化が起きたのです。

5)アメリカが崩壊後、世界金融の支配システムはロンドン金融街に移ります。
そして世界の宗教はバチカンが支配することになります。さらに世界の軍事拠点はワシントンDCに置かれますが、デンバーに移動する可能性もあります。さらにニューワールド・オーダーの企業独裁体制における製造・経済の拠点は中国となります。これらの計画は着実に進んでいます。

6)米国民に対しては、ドローンを操縦するパイロット・プログラムが存在します。コロラドスプリング空軍アカデミーで訓練を受けているドローン・パイロットは希望の星として扱われています。しかし、訓練生の1人は錯乱状態になってしまいました。なぜなら、彼は訓練の中で1度に37人の米国民をドローンで殺害しなければならなかったからです。この若者は、罪のない人々(子供や女性も含む)を近距離で殺害したことでヒットラーよりも酷いことをしたと悔やんでいます。この若者は上空からドローンで人々を襲撃すると人々の身体がどうなるかを近距離で目視できました。アメリカで使われているドローンは米国民を標的にしています。ドローン・プログラムは米国民の大量虐殺を行うためのものです。これは非常に恐ろしいプログラムです。これを止めさせる方法はありません。訓練を受けている若者の殆どが自国民を殺害することに対し精神的に準備ができていません。彼らはそのための精神的な訓練を受けていないのです。

7)既に何十万人もの傭兵組織が米国民を大量虐殺するために用意されています。
その組織とは、ブラックウォーターであり、G4Sであり、Bectoであり、ハリバートンであり、クラフト・インターナショナルなどです。彼らの武装システムでは、一度に数千人の米国民を殺害することができます。ドローンを使うと、一度に数百人~数千人を殺害できます。

8)2017年にアメリカ合衆国が崩壊すると、アメリカの全てが崩壊します。アメリカの重要な場所には生物兵器が用意されています。缶入りコーヒーに生物兵器(肺ペストの菌など?)を混ぜれば、繁華街で人々が缶入りコーヒーを買い、蓋をあけた途端に、菌が1時間に3マイルの速さで拡散し、3日間で2000万人の人々を殺害することができます。
この種の生物兵器は食べ物や飲み水を汚染します。致死率は98%です。

実際に、コロラドで肺ペストに感染した男性がいます。
アメリカには証拠を残さずに人々を完全に殺害する生物兵器の毒性因子を研究している施設があります。つまりこれにより政府は自分達が自国民を殺害していることを否定することができるのです。

9)政府による米国民の大量虐殺が始まると、政府は全米国民のパスポートの使用を禁止します。空港も港も全て閉鎖します。アメリカの(テキサス、カリフォルニア、ニュージャージー、ルイジアナ、フロリダなど)の主要な港には高速のガンボート(警備用のボート?)が停泊しています。これらのガンボートは特殊作戦を担当する秘密部隊が操縦します。彼らは州の警察などではありません
これは、アメリカが崩壊した時に人々が港から他海外逃亡しようとするため、それを阻止するための作戦です。

このような秘密作戦を断行することでアメリカ国内をカオス状態にします。B氏自身もアメリカの行く末を考えると非常に恐ろしいと言っています。勇敢なB氏でさえ、米国民を攻撃するための特殊作戦は非常に恐ろしいと言っています。

B氏はA氏に対しても、一刻も早くアメリカを出国するように助言しました。B氏はアメリカで生活している彼の子供たちや孫たちについても心配しています。B氏はこの情報を拡散してほしいと訴えています。1人でも多くの米国民に知ってほしいからです。
2017年が1つのキーポイントとなります。既に数週間前からアメリカが内部から崩壊しているのが分かります。 現在、我々が予想していた通りの事が起きています。銀の価格はCMPによりコンピュータで操作されています。
さらに、米国民(男性)が政府に抵抗しないように、妻や子供たちを先に射殺します。
米国民はこの情報を基に彼らのアジェンダを阻止する防御策を考えなくてはなりません。
もし海外に移住できるのであればどこへでも逃げてください。或いはチリ南部に来てください。我々はそこで、ある活動をしています。 或いは北へ逃げてください。南に逃げれるのであれば南に逃げてください。ヨットを用意できるなら、太平洋や大西洋の真ん中まで逃げてください。特に政府が設定しているグリッドの外側に逃げることができれば安全です。人口の多い都市が最も危険です。都市が最も悲惨な状態になりますから

米ドルは何の価値もありませんから、世界は米ドルの使用を止めています。米ドルはFRBが1913年から所有している紙幣です。カバラ(イルミナティ)はアメリカを乗っ取るために、FRBを創設し、そこで不換紙幣を印刷させたのです。
彼らはアメリカをデフォルトにさせようとしています。しかしアメリカの財政赤字はFRB配下の犯罪集団の銀行が作ったものです。この赤字は米国民には関係ありません。カバラはアメリカを財政破たん(デフォルト)させようと企んでいます。
アメリカ合衆国会社を支配している犯罪マフィアは、ブッシュ、クリントン、その他の石油利権集団です。彼らは石油を使って、世界やアメリカの支配権を維持しようと闘っています。しかしエネルギー源としての石油の時代は終わりつつあります。石油よりも優れたエネルギー源やテクノロジーが豊富にあります。彼らは石油の利権を握ることで世界を支配し操作してきたのです
犯罪者集団のカバラ(米政府、ロンドン金融街、バチカン)は、米国民に思いがけぬ利益をもたらすことを阻止しています。米国民が利益を得るということは彼らのアジェンダ(アメリカを破壊すること)に反することだからです。アメリカ国内にBRICS銀行が設置されても、崩壊した米ドルを他の通貨に交換することができなくなります。米ドルは紙屑になるからです。

スポンサーサイト

PageTop

アメリカが危ない!!

こちらから引用させて頂きました。「日本や世界や宇宙の動向 」様
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51914435.html




アメリカの多くの国立公園や記念碑がアメリカのものではないなんて。。。信じられません。もはや国立公園と呼ばれるものではなくなっています。恐ろしいことに国連がアメリカの国土を次から次へと調達しています。国連常任理事国で力を見せつけているのが中国とロシアですが、アメリカの国土全体が国連の支配下になってしまう日がくるのでしょうか。その先にあるのは。。。アメリカのNWO化です。そこに国連が絡み、中国が絡んでいます。
アメリカについて、信じられないことが次から次へと明らかになっています。あの国は、もはや、私たちが戦後印象づけられたアメリカではありません。完全にオバマの共産主義国家と化しています。そしてその裏には中国系アメリカ人の工作滑動があるのだと思います。
私の個人的な意見ですが。。。もはや、日本人はアメリカなどに移住するべきではありません。そこで学ぶものは(善良な米国民を除いては)米政府やNWOの汚らしさだけです。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/01/catastrophic-national-disaster-imminent-why-has-the-united-nations-purchased-every-state-park-and-buying-major-cities-in-the-usa-the-truth-will-stun-you-video-and-photos-2457936.html
(概要)
1月13日付け:
何年も前から国連は徐々にアメリカの国立公園や記念碑を買収してきました。そして今、アメリカの殆どの大都市を買収しようとしています。どうしてこのようなことをしているのでしょうか。何がその先に待っているのでしょうか。アメリカは今後どうなってしまうのでしょうか。
オバマ政権は、国立公園や国立記念碑を武器にするという子供じみたやり方で、彼らの敵であるテーバーティ、退役軍人そして米国民と米憲法を破壊しようとしています。
多くの米国民はもはや国有地は米国民のものでないということを知りません。今では、国連(国連加盟国の殆どがアメリカの敵)が、イエローストーン、エバーグレイド、ワシントン記念碑、自由の女神、トマス・ジェファーソンの家、ブルックリン橋、ヨセミテ、グランドキャニオンを含む数多くの国立公園や国立記念碑を所有・支配しているのです。しかし今でも米国民の税金でそれらが管理されています。
WND(ニュースサイト)のジョン・ドータリー氏は、「多くの米国民がアメリカの国立公園がどうなっているのかを知れば、アメリカ中が狂ったように大騒ぎになるでしょう。国連はアメリカの国土の大部分をグローバル化しようとしています。しかしそれらを管理するために米国民の税金が今でも使われています。」と言っています。
アジェンダ21は国連の正式文書に記載されており、当時、クリントンとブッシュがその文書に署名したのです。その結果、米国民の個人資産が徐々に奪われ、富の再分配を行うことで世界統一政府を樹立するという計画が実行されているのです。
オバマ、ヒラリー・クリントン、国際金融資本そしてジョージ・ソロスのようなグローバリスト(イルミナティ)らは、米経済の破壊、家族の崩壊、人工的に操作した温暖化現象や気象変動など、様々な手段を講じて世界統一政府を樹立させようとしています。環境活動家はそれに乗じています。
国連の公式文書には、国連がアメリカの広大な領土を支配し、米国民の多くを都市に集中させることで家畜のような集団として彼らを容易に管理することができると、書いてあります。


PageTop

日本の前にアメリカが中国に乗っ取られる??

こちらから引用させて頂きました。「日本や世界や宇宙の動向」様
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51914319.html


中国が米国債を買い続けたのは、アメリカの資産を次々に買収するためだったのでしょうね。何ともずる賢いことか。。。日本が米国債を買い続けたのはアメリカに押し売りされたから。。。その使い道は何一つありません。
中国の要人がアメリカに巨額の資産を移している理由は。。。中国が崩壊した後にアメリカに逃げるためと言われていますが。。。むしろ、アメリカを乗っ取るために資産をアメリカに移しているのでしょう。そのため、中国がどうなろうとかまわないのです。中国が汚染大国でもそのまま放置しようとしています。なぜなら、中国の権力者たちはアメリカい移住し、アメリカの国土を全て使えるように不動産を買いあさっているからです。
中国企業がアメリカの工業団地に工場を建て、アメリカの各地に商業施設を建設し、中国人だけがもうかる仕組みを作ろうとしているのかもしれません。彼らは中国の経済が崩壊しようとかまわないのでしょう。なぜなら、アメリカの資源を利用してアメリカで生産しようとしているからです。その結果、中国の汚染レベルは低下し、アメリカが汚染大国となるのかもしれません。オバマ政権下ではアメリカの共産主義化、中国化はどんどん進んでいます。ロシアもバックにいるようですし。。。
そうなると。。。今後、アメリカは独立当時や100年以上も前にアメリカに移住してきたヨーロッパ移民の国ではなくなります。アメリカは第二の中国となり、人口の割合もヨーロッパ系がマイノリティとなり、中国人、韓国人、ヒスパニック、黒人、アラブ人が大半を占めるでしょう。これこそ、国家や国境を失った多国籍移民の集まる、NWOが完成することになります。
アメリカは今年が正念場かもしれません。まずは、中国に媚を売る民主党オバマ政権が追放されないと駄目ですね。米軍関係者がクーデターを起こすのではないかとも言われていますが。。。どうでしょうか。
日本はこれまで通り、アメリカ様の言う通りにしていては、アメリカに支配されるだけでなく、アメリカというお面を被った中国の傘下に入ってしまいます。韓国が中国と手を組んだ理由もここにあるのです。韓国は、姑息にも強い国の後ろに付いて行くことしか考えていません。アメリカの国力が弱まっている中で、中国様のご加護を受けたいのでしょう。そのうち、韓国は中国の一部となるかもしれません。それはどうでもいいのですが。。。
日本政府が最も警戒しなければならないのは中国の世界覇権です。そしてその裏にいるオバマ政権、ロシア、EUでしょうが。。。これらの国々を操っているのがイルミであり、イエズス会の老いぼれ爺たちですからね~。。。出るのはため息ばかりなり。。。。
http://beforeitsnews.com/china/2014/01/u-s-bled-to-death-by-china-harvested-for-its-organs-dr-jim-willie-video-2448308.html
(概要)
1月12日付け:アメリカは中国によって殺害され根こそぎ資産を奪われるでしょう。


Greg Hunter’s USAWatchdog.com 

金融ニュースレターの筆者のDr.ジム・ウィリーが以下の通り、アメリカに警告を発しています。
「アメリカは主役の立場で殺害されるのではなく、大量の血を流して死ぬだろう。その後、内蔵を摘出されるだろう。それをするのは中国だ。」と。 
Dr.ウィリーがこれまで伝えてきたこととは。。。世界が、大問題を抱える米ドルを使うのを止めるようになり、強制的に米ドルの価値が引き下げられると、アメリカでは急激なインフレが起こり米経済を直撃することになる、というものです。
米ドルの崩壊はもうじき起こるでしょう。巨大ドイツ銀行が最初に銀行破産を引き起こし、ドミノ式に世界の銀行が破産することになります。世界中で米ドルが拒否されると、米ドルの価値が引き下げられ、物価が急騰し始めます。そして食糧が不足し、物の供給が停止してしまいます。すると、暴動が起きます。今年は通貨が崩壊することになるでしょう。オバマケアで状況が改善されると思わないようにしてください。オバマケアはみなさんが考えているより100倍も問題があるのです。オバマケアは、米国民(金銭的な面と肉体的な面の両方)を家畜のように追跡、管理するための大規模な策略なのです。オバマケアは、人々の大量死と経済崩壊を可能にするでしょう。







(最初の重要な部分のみ)
アメリカは再び債務限度の問題を抱えています。
専門家によれば、アメリカは今後2年間で2兆ドルの予算が必要になると言われています。
しかしアメリカでは数十兆ドルの予算を組んでも誰も心配していません。なぜなら、我々は現金を使うわけではないからです。2か月前に米議会で、債務限度は適用範囲外という裁決が下されたのです。ですから、誰も債務限度を引き上げることに躊躇しなくなったのです。
最近分かったことですが、政府機能を一時封鎖したことで通常よりも多くのコストがかかったのです。政府機能を一時封鎖したことで、財政支出が増えたのですから。。。
アメリカは今後、大量の血を流して殺されるでしょう。そしてアメリカの内蔵は摘出されることになります。どこの国がそれをするかと言うと。。。中国です。
中国がそのために軍拡をし続けてきました。クリントン政権が中国をアメリカに招き入れたために、中国はアメリカのサンデォオ研究所から兵器システムを盗み出すことができました。メディアは報道しませんが、ペンタゴンでは大勢の高官が追放されたり暗殺されています。
(米政府の招きを受けた)中国はアメリカやヨーロッパの資産のすべて(ゴールドも)を絞り出そうとしています。
中国はアメリカを崩壊させるのではなく、商業施設を含むあらゆる資産を奪いとり、アメリカを乗っ取ろうとしています。中国はアイダホ州、ニューヨーク州、カリフォルニア州に工業団地を建設中ですし、アメリカ国内の工場(デトロイトなども)を買収しています。
彼らは米長期国債を使って、アメリカの商業用不動産を大量に購入しています。例えば、マンハッタンの金融街の60%をすでに所有していると言われています。中国はある種のトリックを行って資金を増やしています。彼らは何十億ドルもの資金をアメリカに投入し、その一部を使って荒廃した工業団地を買いあさっていますが、米政府はそれを大いに歓迎しています。さらに、何十億ドルもの資金を米大銀行を介して米国内でずる賢く(高度な安全対策がなされた米長期国債で)運用し、資金を5倍に増やしています。その資金で多くの州の様々な施設や不動産を買いあさっています。中国が購入した土地や工業団地には実は中国系の工場が建てられています。外見は工場の所有者は米企業のように見えますが、実は華僑が所有する企業ばかりです。中国は中国企業を介して、アメリカの商業施設や工業団地を買収し、アメリカを支配しようとしています。
サウジアラビアは、オバマ政権に背中からナイフを突き刺された、と言っています。今後、サウジアラビアはアメリカに石油を売る際、オイルマネー(米ドル)を受け入れないでしょう。
2014年のアメリカは大きな困難が待っています。
(転載終わり)


アメリカには日本の大恩人「テキサス親父」様がいるのに大変ですよ(>_<)!!

アメリカ国民さん、早くアメリカ政府の愚かさに気が付いてください!!・・というか、アメリカ政府や世界を操っているあの存在に早く気が付いて!! ついでにアメリカが世界でやっている軍事介入は、正義じゃない、ただの大量殺人ってことにも気が付いて!!アルカイーダも実はアメリカがつくって維持している事にも早く気が付いて!実は政府に一番騙されているのはアメリカ国民ということに早く気が付いて!!実はアメリカ国民こそ危険が迫って いることに早く気が付いて!!このままだとアメリカは今年は大変なことになりますよ。

日本もそりゃ絶望的に狙われて、最近でも膨大な死亡者も出ましたよね・・・犯人は中国韓国じゃないですよ・・・・皆さんはもう知ってますよね。



海外の反応 ブログランキングへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。